イヤホン紀行

ぽたおで全般のことを書きたいときに書きたいように書きます!

交換プログラム対象のiPod nano第一世代 電池交換で延命

前回の記事からかなり時間が空いてしまいました、、

 

まず 、こちらの記事をご覧ください。

f:id:ak_kaito750:20180212124451j:image

 https://www.apple.com/jp/support/ipodnano_replacement/

Appleのホームページには、iPod nano1世代交換プログラムの記事が数年前から出ており、iTunesにも繋げるといちいち対象のデバイスですとの警告が、、、

 

3年前ほどに友人がこのiPodを持っており、格安で譲ってもらった物なので 修理してあげたいと思いきや、公式に出すとなんと1世代が現行品の7世代のiPod nanoになって帰ってくるというもの、、、、

 

これじゃあ せっかく譲ってもらったのに、、と思いAmazonで互換品ですが、バッテリーを購入。

 

f:id:ak_kaito750:20180212124921j:image

 

iPod classicなどは バッテリーはフレキケーブルでつながっているので 抜くだけなのですが、 nanoなどは半田づけされているので半田ごてを用意。

 

ピックや専用の工具を使って背面のパネルを開けます

f:id:ak_kaito750:20180212125216j:image

開けてしまえばすぐにバッテリーにはアクセスできます。とても簡単ですね

 

f:id:ak_kaito750:20180212125305j:image

上から白、赤、黒の順番で半田づけされてるケーブルを丁寧に外していきます。

 

f:id:ak_kaito750:20180212125433j:image

 

1分ほどで外すことができました。本体には両面テープで固定されてるので、バッテリーに傷をつけないよう、プラスチックの棒を入れて外します

 

f:id:ak_kaito750:20180212125541j:image

 

そしたら逆の手順で半田づけを行い、バッテリーを収め背面パネルを閉じたらひとまず完成。

 

 

f:id:ak_kaito750:20180212125729j:image

 

見事、電源が入りました!! 

f:id:ak_kaito750:20180212125742j:image

充電もしっかりできることを確認して これで作業は終了!

 

 

2005年に発売されたこのiPod、もう13年モノにもなるのですね、、

バッテリーも新品になったことなので ホイールなどが壊れないよう 使って行きたいと思います

 

 

 

 

今回もご覧いただきありがとうございました☆